防音カーテンで手軽に防音対策!

環境スペーススタッフが前に住んでいた家では、周囲の住宅の生活音がうるさく、偏頭痛に悩まされていました。
そこで簡単にできる防音対策の方法として遮音性能1級のカーテンをとりつけることに。
するとそれまでよりも騒音が気にならなくなり、夜も静かに眠れるようになったのです。
今回の記事では、身近な防音対策法のカーテンについて語りましょう。

 

■防音カーテンって?
防音カーテンとは、防音効果のあるカーテンのことを指しており、一般的なカーテンに使用されている布に加え、遮音できる金属を用いて作られたカーテンです。
ガラスの窓は音が侵入しやすい部分であり、窓の性能によっても防音性能はそれぞれ異なります。
窓の性能が低い家では、窓から出入りする音が大きいので、防音カーテンによって簡単に対策してみてはいかがでしょうか?
防音カーテンにしようされている布は、吸音機能があり、音を吸収してくれます。
遮音性が高い金属が織り込まれているので、防音性能があるカーテンとして近年注目されているんですよ。


■防音カーテンの効果
防音カーテン1つで防音効果があるのか不安に思ってしまう方もいるでしょう。
確かに全ての音を防音カーテンが遮音してくれるわけではありません。
無音状態とまではいきませんが、外から入ってくる音は確かに軽減してくれるので、試す価値はあると環境スペースは思います。
しかし、窓をしっかりと覆わないと効果がないので、窓がすっぽりと隠れる大きさで、なるべく隙間ができないようにカーテンをすることが重要ですよ。


■防音カーテンを選ぶポイント
防音カーテンを選ぶ時のポイントをいくつか紹介しましょう。
,覆襪戮重たいカーテンを選ぶ
重たいカーテンを選ぶ理由としては、音の伝わり方が関係してきます。
音は、空気が振動して発生するので、軽くて薄いようなカーテンだとその振動を吸収できずに共鳴してしまうのです。
そうならないためには、振動を抑えられるような重たいカーテンを選ぶことが大切。
隙間なくカーテンを取り付ける
先述したように、隙間があると防音効果は低くなってしまいます。
防音性能を高めるためには、隙間がないように窓の大きさに合うカーテンを取り付けてくださいね。


最近では防音カーテンの種類が増えてきています。
一部の防音性能が高い防音カーテンであれば、減音効果は50〜80%もあると言われており、特に近所の子供の泣き声や怒鳴る声などを軽減できるようです。
大規模な防音工事を行う前に、まずはカーテンで防音してみてはいかがでしょうか?